滋賀県生協連合会について

トップページ > 滋賀県生協連合会について > 会員生協の紹介 > 滋賀大学彦根地区生活協同組合

滋賀大学彦根地区生活協同組合

滋賀大学彦根地区生活協同組合

所在地 〒520-0069 彦根市馬場1丁目1-1
TEL 0749 (24) 3256
理事長 鈴木 康夫
設立年月日 1961年3月6日
組合員 2,913人
供給高 302,081(千円)
出資金 37,485(千円)
事業内容 購買、書籍、食堂、下宿斡旋
公式ホームページ http://hikone.u-coop.net/
(2019.3.31現在)

2019年度の課題と抱負

 2018年度も非常に多くの組合員の方に利用いただき、昨年度に続き供給高で3億円を越えることができました。
 新たに設置された『データサイエンス学部』が3年目を迎え、教科書や教材パソコンの利用が増えた事や電子マネーやミールシステムを利用される方が増えたことなど、多くの方に利用いただける環境が進んできたからだと感じています。但し、学内では今までと学生の流れが少し異なってきているように感じています。
 今までの枠組みにとらわれず、学内の変化・学生の変化を注意深く見守る必要があります。
 この間、一定の黒字を積み上げられるようにもなり、備品の購入や施設の整備や改修などをすすめ、組合員へも利用還元をしていくことに取り組むことができました。
 一方で、利用が伸長したり剰余は残せる体質になってきましたが、組合員の声を実現するという取り組みやこだわりは少し後退してしまったと感じ「ひとことカード」や「店舗委員会」など学生の声に耳を傾け取り組むことをすすめてきました。
 「学生がおすすめする本」のコーナーを期間限定で設置したり、学生がおすすめするお菓子や飲み物などを展開したりと少しずつ、学生が関わるお店作りが進んできました。
 学生が食べたいと声を上げた「ライスLL」や「納豆」など簡単に実現できそうなものからまずは取り組みを始めました。
 組合員の声や要望に応え、商品の品揃えを行ったり、利便性向上を目指し、様々な取り組みを進めることや組合員と取り組むことにより、共感の輪が広がり、利用も集中されてきています。組合員が参加しやすい運営をすすめ、より多くの組合員とお店づくり、生活改善を進めていきたいと思います。