滋賀県生協連合会について

トップページ > 滋賀県生協連合会について > 会員生協の紹介 > 滋賀大学大津地区生活協同組合

滋賀大学大津地区生活協同組合

滋賀大学大津地区生活協同組合

所在地 〒520-0862 大津市平津2丁目5-1
TEL 077 (537) 0024
理事長 市川 智史
組合員 1,115人
供給高 117,519(千円)
出資金 15,254(千円)
事業内容 共済、ショップ、フードサービス、下宿斡旋など
公式ホームページ http://otsu.u-coop.net/
(2019.3.31現在)

2019年度の課題と抱負

 滋賀大学大津地区生協は、「築く、繋げる “生協"」を本年度の活動のテーマとして、組合員と生協を繋げ、また次の代・これからの代にも想いを繋げていきます。
 共済活動は、組合員が健康的な生活を送れるよう、「食生活相談会」を実施し、組合員が自分の普段の食事を見直すきっかけづくりにも取り組みます。
 自転車・バイクを利用する組合員が安全に通学できるように、「自転車・バイク無料点検会」を実施し、組合員が安心・安全な生活を送れるように活動を行っていきます。
 店舗活動では、組合員の日々の生活に役立ち、楽しさを感じることのできる企画を行います。その一つとして組合員がよりスムーズに必要な文房具を買うことができるよう、また学業に意欲的に取り組めるよう、おすすめの文房具を紹介します。ポスターやPOPを活用し、見つけやすく、楽しさを覚えてもらえるようにします。
 また、生協購買内にある「Willing棚」で、新たな商品の紹介やWillingの情報発信、季節に応じた活動を行い、組合員が足を運びやすく、親しみを感じられるような店舗を目指します。
 情報の収集と発信では、Twitterのアンケート機能を活用し、組合員の現状や意見といった情報を集め、それを後の活動に生かしていきます。
 また、Twitterの「質問箱」を活用していきます。Willingの活動や生協への質問・要望を受け取り、それに回答していくことで、組合員の知りたい情報の発信を行っていきます。より組合員と繋がる形での情報の収集と発信に努めます。
 受験生・新入生のサポートでは、将来の組合員、つまり受験生・新入生に対するサポートの充実を目指します。
 夏に開催されるオープンキャンパスでは、滋賀大学教育学部について学生目線で作成する『OC(オーキャン)滋賀人(しがんちゅ)』の発行や、「キャンパスツアー」、「学生生活なんでも相談会」を実施します。
 また、入試前日に、受験生が宿泊する生協指定のホテルに相談コーナーを設け、受験への不安や悩みを和らげられるよう、サポートします。
 入学前には、新入生を対象とした「キャンパスライフ先取り説明会」と保護者の方を対象とした「保護者説明会」を実施し、大学生活について伝え、新生活への不安を解消できるよう努めます。入学後には「なんでも相談会」を実施し、新入生の相談にのることで、新学期生活をサポートしていきます。
 社会貢献活動としては、18年度に引き続き、ごみの分別運動やペットボトルキャップの回収の促進を行います。また、ごみを減らしていく活動(レジ袋・割り箸の削減)やユニセフ募金等を行うとともに、ポスター掲示やTwitterの活用により、これらの啓発を図ります。
 組合員の身近なところから、環境・社会への意識を高められるよう活動を行っていきます。