滋賀県生協連合会について

生活協同組合コープしが

生活協同組合コープしが

所在地 〒520-2351 野洲市冨波甲972
TEL 077 (586) 1112
理事長 西山 実
設立年月日 1972年7月(1993年3月合併)
組合員 177,737人
供給高 31,791,932(千円)
出資金 10,976,080(千円)
事業内容 共同購入、店舗
公式ホームページ http://www.pak2.com/
(2017.3.31現在)

2017年度の課題と抱負 「5つのたいせつ」活動をすすめます

 2016年度は宅配事業が計画通り推移し、2015年に開店したコープぜぜ店、コープもりやま店の好調と、新たに取り組んだエネルギー事業(コープでんき)などにより総供給高は初めて300億円を超えました。宅配への加入理由として、組合員が生協の良さを実感し友達の紹介で加入という割合が40%と高くなっており、人と人とのつながりで広がっていることが伺えます。

 2017年度も基本方針は「協同して創ろう、笑顔あふれるくらし」として、5つのたいせつ活動と10のテーマの取り組みをすすめます。“5つのたいせつ”とは「たべる*たいせつ」「びわこ*たいせつ」「いのち*たいせつ」「ちいき*たいせつ」「くらし*たいせつ」です。例えば、「たべる*たいせつ」活動では、多くの組合員と生産者が直接交流する「商品大交流会」の年2回開催、生産者が講師となり商品学習をする「知ってねコープぱくぱく試食会」を50会場で開催、その他「ファーマーチャレンジ隊」(農業体験)、「たべる*たいせつ親子クラブ」(食育)など、商品を知り学び合うことで、生協商品の良さや食育を広げていきます。

 他のたいせつ活動を含め「くらしを良くしたい」「安心してくらしたい」という組合員の想いや願いを実現するために、生協の事業や活動を利用し、参加し、知り学び教え合い、伝えていくことにみんなが関わっていけるように取り組みをすすめます。

 また、宅配事業では組合員一人ひとりのライフスタイルに合わせていつまでも生協利用が続けられるような提案ができるようにしていくこと、店舗事業では2017年秋に3号店出店を計画しています。その他の事業を合わせて、組合員はもとより県民に役立つ生協を目指していきます。