滋賀県生協連合会について

生活協同組合コープしが

生活協同組合コープしが

所在地 〒520-2351 野洲市冨波甲972
TEL 077 (586) 1112
理事長 西山 実
設立年月日 1972年7月(1993年3月合併)
組合員 177,737人
供給高 31,791,932(千円)
出資金 10,976,080(千円)
事業内容 共同購入、店舗
公式ホームページ http://www.pak2.com/
(2017.3.31現在)

2018年度の課題と抱負

 2017年度は、18,050人の新しい組合員を迎え入れ、第3号店となるコープかたた店のオープンや、通年供給となった「コープでんき」、堅調な宅配事業などで大きく事業が伸長しました。そして、組合員からは「私のくらし」と「コープしが」のつながりや関わりをいろいろな場面で実感できたという声をいただいています。
 2018年度は基本方針に「協同して創ろう、笑顔あふれるくらし 〜聴く、話し合う、つなぎあい、みんなの力をあわせよう〜」を引き続き掲げました。くらしを良くしたい、安心してくらしたいという私たちの想いを「5つのたいせつ」=「たべる(食)、びわこ(環境)、いのち(平和)、ちいき(地域)、くらし(暮らし)」のたいせつ活動をとおして考え、知り学び、生協の事業や活動を利用して、みんなで暮らしに関わる大切な取り組みを進めていきます。
 10の取り組みテーマの1つ「地域とわたし『できるコトづくり』」では、組合員が地域の人々とくらしを支え合うことを考え「わたしに何ができるのか」を話し合いながら『できるコトづくり』すすめていきます。コープしがは生協の枠を超えて“できるコト”が広がるように支援したいと考えています。
 また、「未来づくり」のテーマでは、生協事業から出る食品残渣を堆肥化して、農地に還元し生協向け農産物を作るという「食品リサイクルループ」づくりを農業と福祉の連携で築いていく最初の年にします。
 今年、設立25周年のコープしが。事業所内保育所「コープもりのこ保育園」が7月に開園し、地域の子育て支援の取り組みも始まりました。未来に向けて、もっともっとくらしに役立つコープしがを目指していきます。