滋賀県生協連合会について

滋賀県立大学生活協同組合


滋賀県立大学生活協同組合

所在地 〒520-0057 彦根市八坂町2500番地
TEL 0749 (25) 4830
理事長 佐々木 一泰
設立年月日 1974年1月22日
組合員 2,987人
供給高 373,955(千円)
出資金 58,701(千円)
事業内容 購買、書籍、食堂
公式ホームページ http://www.usp-seikyou.com/
(2016.3.31現在)

2016年度の課題と抱負 組合員との結びつき、協業の強化

 2015年度、組合員活動は引き続き学内の学生団体や研究室との協業で取り組みをさせていただきました。環境サークルEMO、グリーンコンシューマーサークルによる環境活動、近江楽座「とよサラダプロジェクト」の野菜の取り扱い、研究室とのnakaniwa cafe PJ、そして学生・教職員との日本酒「湖風」づくりでは地元のフリーペーパーでの特集、他大学も含めた販売機会の創出など新たなステージに入ってきました。また、滋賀県立大学開学20周年ということで改めて地産地消をテーマとした活動にも注力したのが大きな特徴です。生協食堂で提供させていただいている地元のこだわり食材生産者さんへの訪問研修や、食材はもちろん調味料に至るまで全て地元のものを使用した地産地消100円朝食は複数の新聞やBBCなどにも取材され、多くの方に利用いただきました。また地産地消とは何かを考えてもらう良いきっかけとなったと考えています。

 中でも生協学生委員会は4年目となり、共済や健康についての取組みや一言カード、新入生を迎え入れる活動を中心に大きく前進することができました。特に、学生主体の運営に取り組んだ入学前の新入生・保護者説明会にはおおよそ75%の新入生・保護者に、また自宅や下宿生交流会など入学前の新学期企画は6〜8割程度の新入生に参加いただき、共に感謝や激励のお声をたくさんいただいています。総代会でいただいた多くの組合員の声や学生自身の経験をもとに、新入生の不安に応える、という目標に向かってそれぞれの企画を作り上げてきた結果だと感心させられました。

 2016年度も、引き続き、これらの活動を発展させていきながら、組合員との結びつき、協業を強めていきたいと考えています。また、総代会などを通じていただいた組合員からのご意見ご要望をもとに、共に事業や活動を改善させていく所存です。

 当生協は2016年5月、第20回目の総代会の開催という節目を迎えました。それに合わせて次の10年の展望を描き、滋賀県立大学に生協があって良かったと評価される存在でありたいと思います。