滋賀県生協連合会について

しが健康医療生活協同組合


しが健康医療生活協同組合

所在地 〒520-3034 滋賀県栗東市小平井257-2
TEL 077 (553) 9696
FAX 077 (553) 9759
理事長 金城 明
組合員 6,038人
供給高 485,857(千円)
出資金 169,413(千円)
事業内容 医業
公式ホームページ http://www.shiga-mcoop.jp/kobirai/
(2016.3.31現在)

2016年度の課題と抱負 いのちとくらしを守り健康をはぐくむ

 2015年は戦後70年、国の安全保障政策・社会保障政策の転換がおこなわれた激動の1年でした。しが健康医療生協の1年は1995年の法人設立から20年が経過した大きな節目の年でした。

 2016年度は、医療生協の理念であるいのちとくらしを守り健康をはぐくむための活動をさらにすすめていくため、(1)医療福祉生協「いのちの章典」の学習と実践、健康づくりを通じて地域に医療生協の仲間のわを広げていくこと、(2)ひとびとの暮らしを協同の力で支え、誰もが住みなれた地域で「その人らしく生きられる」まちづくりをめざす、(3)平和憲法をまもり、協同の力でいのち輝く社会の実現をめざす、(4)しが健康医療生協20周年記念事業を成功させることの4点を重点課題としています。

 組合員・地域住民の要望によりそい、患者・利用者の満足度向上を図り事業所利用を広げていく活動も重要ですが、健康づくり、健診活動、健康チャレンジ、すこしお生活(「少しの塩分」で「すこやかな生活をめざす」とりくみ)などの活動を通じて、地域に医療生協の元気な仲間を増やし、活動の担い手づくり、班活動を中心としたたまり場づくりや地域の自治会や他団体との連携を強め、医療生協の存在を広めながら「つながりづくり」をすすめる活動にとりくみます。

 また、 最期までその人らしく、地域で生きられる を大切に、在宅生活を支える医療・介護事業と組合員活動の力で医療生協らしい地域包括ケア=「まちづくり」をすすめるとともに、地域で孤立していく人々をささえる「居場所づくり」にも積極的にとりくんでいきたいと考えています。夏には地域の子どもたちを対象に、初の「子ども食堂+寺子屋」を実施します。

 もうひとつ重要な活動として、平和憲法をまもり、戦争法をはじめとしたいのちと安全に暮らす権利をおびやかすあらゆる施策を阻止するための活動にとりくみます。

 8月21日(日)には栗東さきらにて「20周年記念のつどい」を開催します。20年の歴史をふり返るだけでなく、現在から未来につながるしが健康医療生協の将来ビジョンを確認しあう場として成功させていきたいと思います。