滋賀県生協連合会について

トップページ > 滋賀県生協連合会について > 会員生協の紹介 > 立命館生活協同組合(賛助会員)

立命館生活協同組合(賛助会員)


立命館生活協同組合(賛助会員)

所在地 〒603-8346 京都市北区等持院北町56-1
TEL 075 (465) 8280
理事長 佐藤 敬二
設立年月日 1962年2月15日
組合員 50,098人
供給高 6,222,049(千円)
出資金 658,057(千円)
事業内容 共済、ショップ、フードサービス、下宿斡旋など
公式ホームページ http://www.ritsco-op.jp/
(2016.3.31現在)

2016年度の課題と抱負 組合員参加の事業活動と組合員活動

 「新キャンパス開学」と、既存キャンパスではそれに伴う学部移転により、事業構造にも大きな変化のあった2015年度でした。2016年度はこうした大きな環境の変化はありません。より組合員の参加を呼びかけ、声や意見を踏まえながら、事業活動と組合員活動の両面を強めていく1年にしたいと考えています。

 まず、数年来重点課題に挙げている「新学期事業・活動の成功」です。各種の取り組みを継続する中で新入生へ生協の仕組みや考え方を知らせ、理解を深めて加入いただくことが進みました。このことを通じて総代会への意見集約、総代をはじめとする組合員の店舗活動への参加呼びかけ(通称「コープクラブ」)、組合員還元企画や電子マネー等の利用結集などにつながってきました。

 また店舗の供給事業だけでなく、大学生協らしい「学び」分野の事業に今年度から取り組み、「英語コミュニケーション」「レポート・プレゼン」の2種類の講座が立ち上がりました。初年度で準備不足のことも多くありましたが、関わる先輩学生達が活発に後輩学生達の学びをサポートしながら、同時に彼ら自身の成長もみることができます。今後は「中心事業」のひとつとして育てていきます。

 一方、4月の熊本・大分地震では別府にある立命館アジア太平洋大学の生協店舗にも影響がありました。あらためて被災地、特にキャンパスで大学生協ができること・支援の在り方などを考えさせられましたが、生協学生委員会からは防災・減災に関わる企画実施案も出され、社会的問題についての関心も高まっています。

 これらの事業・活動はもちろん、通常の店舗活動にも多くの組合員が関わることで事業の結果にもつながっていくように、取り組みを進めていきます。