滋賀県生協連合会について

しがまる生活協同組合

しがまる生活協同組合

所在地 滋賀県近江八幡市高飼町1559-2
理事長 木村和子
設立年月日 1950年5月27日
組合員 148名
供給高 15,056(千円)
事業内容 共同購入
公式ホームページ http://www.geocities.jp/kohokuseikyo/
(2017.3月31日現在)

2018年度の課題と抱負

 昨年、私たちは若者の参加を得て先の見通しが明るいものと期待しました。残念な事に思いとは裏腹に継続せずに彼らは去る事となりました。私たちは市販に溢れている物が 必ずしも消費者の為になるものではない事を実感してきました。だからこそ使うことによって自分だけではなく、世間をも良くしていく事だと信じ一定の標語を掲げて活動してきたのでした。それが次の3点です。
 合成洗剤は扱わない・化学肥料や農薬に頼らない(農薬少ない)農産品を・化学調味料を使わない加工品を…です。
 しかしながら組合員拡大も供給増もわずかな進展に留まり、目標には遠く及ばない状況でした。
 目標達成の為には、消費者の多くが求める市販品に準じた商品の取り扱いや価格を重視した品物の採用も有りと提言されたり、組合員に迷惑を掛けない状態のうちに、活動終息も考慮しなければとの意見も上がり始めました。
 同じような活動している諸団体でも、事業優先でかつては改良の対象としていた大メーカーに追従しているように感じることも残念なところですが、運営的にはそちらのほうが良いのではないかと思えても来たものです。
 組合員の為になるようにとやってきたところが、活動理念に迷いがあれば当然組合員にもその雰囲気は伝わっていきます。事業停滞の最大原因と反省するものです。
 そんな時に、ふとしたきっかけから私共が掲げている標語を実践し、堅実な実績を上げている生協に出会いました。
 『連合は連帯であり、各単協の自主運営が基本であり、運営に本部が介入することはない。運営が「組合員主権を貫く」と同義に「会員生協主権を貫く」』とする福岡から発生したグリーンコープ連合でした。
 当初の理念に沿い、原点に返り活動を続ける事の希望を持ち続けられる機会を得られそうなことに感謝しています。
 今後の運営に活かしていきたいと考えているところです。