滋賀県生協連合会について

滋賀医科大学生活協同組合

滋賀医科大学生活協同組合

所在地 〒520-2192 大津市瀬田月輪町
TEL 077 (548) 2091
理事長 磯野 高敬
組合員 1,992人
供給高 196,953(千円)
出資金 21,950(千円)
事業内容 購買、書籍、食堂など
公式ホームページ http://shiga-med.u-coop.net/
(2017.3.31現在)

2018年度の課題と抱負

 2017年度は、昨年度より更に組合員の利用が増え、過去最高の利用高となりました。2016年にICカード組合員証を導入以来、年々、電子マネーでの利用も増え、日常的に生協を利用される組合員が増えたことと、この間の「大学で必要なものは生協に行けば手に入る!」と誰もが当たり前のように感じていただけるよう、実習用品などの取扱いを強化していったことが徐々に実を結んでいったのだと確信をしています。
 また、同窓会「湖医会」との関係を強化できたことも、2017年度の特徴です。夏には「前期試験ガンバレ!納涼企画」として、「湖医会」の協賛をいただいて「かき氷とラムネ」を安く提供することができました。年末には「餅つき」を行い、これも「湖医会」から臼、杵、食材などの寄贈をいただいて実施をした結果、いずれの企画も150名を超える組合員の参加があり、大いに盛り上がりました。同窓会としても、日頃から「何か学生に還元したい」という気持ちがあり、生協の「組合員還元の精神」とうまく融合して、このような企画の成功に繋がったのだと思います。
 「リレー・フォー・ライフ・ジャパン滋賀医科大学」の開催も2回目となり、生協としても全面的に支援をしました。大学や関係団体と関連した活動も、生協の大事な役割だと考えております。
 2018年度のテーマは「生協創立15周年に感謝し、組合員参加で楽しく利用される生協を目指して」です。滋賀医大生協は創立15年が経ち、今年度は「創立15周年」としての企画を行うことも方針としています。毎月15日に「15」にちなんだ企画(例えば書籍15%引き、150円カレーなど)を実施していきます。こういった「組合員参加」の輪を広げる活動に力を入れ、生協をもっと身近に感じていただき、これからも利用され、信頼され続ける生協として存続できるよう頑張っていきたいと思います。