滋賀県生協連合会について

トップページ > 滋賀県生協連合会について > 会員生協の紹介 > 日本労働者協同組合センター事業団栗東事業所(賛助会員)

日本労働者協同組合センター事業団栗東事業所(賛助会員)

日本労働者協同組合センター事業団栗東事業所(賛助会員)

所在地 〒520-3005 栗東市御園981-1
TEL 077 (558) 3440
理事長 岡田 俊介
設立年月日 1991年10月
組合員 27人
供給高

91,000(千円)

出資金 3,300(千円)
事業内容 協同組合間提携事業、病院総合管理事業、地域福祉事業、給食配食事業
(2017.3.31現在)

2017年度の課題と抱負 節目の一年に滋賀での更なる協同を

 2017年は、当事業団にとって大きな節目の1年となります。

 まず、今年は当事業団設立30周年となる記念の1年です。失業者が集まり自ら仕事を作ることから始まり、現在は地域に根差した仕事おこしに取り組んでおります。

 次に、私達の長年望んできた、「協同労働法(ワーカーズコープ法)の法制化が、今まさに実現間近の段階まできております。この法制化運動は、私達の取り組みを法制化の形で評価していただくこと以上に、市民自身が地域のために仕事をつくることが実現しやすくなることに、大きな意義があります。

 そして、滋賀県内においては何と言っても、10月7日(土)〜8日(日)に開催される「いま、『協同』が創る2017全国集会」が最大の焦点となります。昨年から、10数回の実行委員会を重ね、滋賀県内の協同組合やNPO、社会福祉法人、行政などの地域活動に取り組まれている方々にお集まりいただき、皆様と1緒に作り上げております。初日の記念講演は、山極壽1京都大学総長に決まり、2日目の分散会も皆様からのアイデアが続々と形になりつつあります。

 皆様の当日の参加と呼び掛けをお願いしたいとともに、この集会を機に、今後の滋賀県内での協同と地域づくりをより1層強めてまいりたいと考えております。

 また、県内の事業所において、今年も少しずつではありますが取り組みが進んでおります。草津では、地域と行政の声に応え2つ目の民間学童が立ち上がり、高島では2つ目の放課後等デイサービスが立ち上がるとともに、体操教室や居場所活動も始まりました。甲賀では更に学童が増え、他団体の福祉タウン計画の中に民間学童の計画も持ち上がっております。

 3つの大きな節目と併せて、現場での小さいながらも地域と繋がった取り組みも大切にしていきたいと考えておりますので、宜しくお願い致します。